» 東洋占いと西洋占い » 西洋占いの特徴とは?

西洋占いの特徴とは?

All zodiac signs in a circle with moon in the middle and universe in the background

西洋占いは数ある占術の中でも代表的なもののひとつで、実際の天文を使って占うと言うのが大きな特徴です。

その人が生れた時の天の星々がどのような方角をどのように運行していたかによって、その人の生まれ持った性格や運命などを知ることができます。ホロスコープと言うものを用いて占っていきますが、ホロスコープは大まかに分けると、惑星、12宮、12位と言うものから構成されていて、丸い円の中にたくさんの記号がちりばめられています。

これは地球上の観測地点から空を360度見渡した時の惑星や星座の位置を写し取ったもので、それを見ると天の星々がどの位置を運航していたのかがわかるようになっています。その人が生まれた時の惑星の位置を12の区分に分けそれによってその人の生まれ持つ性格や才能がどのようなものかを見ることができ、またそれを72区分や360区分に細かく分類してその人の人生運や恋愛運、人間関係、仕事運、金運、健康運などと言ったテーマごとに占うことができます。その人の生まれた時の天体位置を一定の法則にしたがって算出していくことで、今現在の状態なども占うことができるなどホロスコープを基にしながら、あらゆる事象を読み解いていくことができる占術です。